技術、経験、思い
形を生み出す、職人の手

壺屋焼陶眞窯は相馬正和が壺屋の育陶園にて修行後、窯主として昭和50年沖縄県恩納村名嘉真にて築窯。昭和53年に読谷村座喜味に移窯し、現在に至ります。釉薬作りなどは昔ながらの方法で作り、壺屋焼の伝統を守り、伝え続けています。その中で陶眞窯独特の赤絵や染付け、魚紋、イッチンなど「常に新しいものを」を合言葉に新たな作品を作り続けています。

暮らしになじむ、ぬくもりと華やぎ

陶眞窯では「常に新しいものを」を口癖に日々新しい作品作りに精進しています。壺屋の伝統技法を駆使し、さらにもうひとつ、もうふたつのアイデアを重ね、今までにも多くに新作を作ってきました。その中でも根強い人気の作品があり、陶眞窯の定番として活躍している作品をご覧ください。

  1. 酒壺(さけつぼ) 酒壺(さけつぼ)
  2. シーサー シーサー
  3. 赤絵くし目(あかえくしめ) 赤絵くし目(あかえくしめ)
  4. 染付け唐草(そめつけからくさ) 染付け唐草(そめつけからくさ)
  5. 鉄絵(てつえ)パープル 鉄絵(てつえ)パープル
  6. 魚紋(ぎょもん)シリーズ 魚紋(ぎょもん)シリーズ
  7. 赤絵刷毛目(あかえはけめ) 赤絵刷毛目(あかえはけめ)
  8. ゆうな紋 ゆうな紋
  9. 藍彩(あいさい) 藍彩(あいさい)
  10. イッチン唐草(からくさ) イッチン唐草(からくさ)

子供から大人まで楽しめる!
自分だけの作品作りに挑戦しよう!

陶真窯には、子どもから大人まで楽しめる体験がいっぱい!
家族みんなで別々の体験をすることもできちゃいます。
自分だけのオンリーワン作品と一緒に、沖縄の想い出を創ろう。

やちむん・陶芸体験コース詳細

NEWS

  1. フジテレビ ノンストップ出演!!
  2. てすと2
  3. てすと3

Facebook

ここにフェイスブック

PAGE TOP